10月17日(月)午後、 松山市立日浦小学校の主催で、ドキュメンタリー映画「弁当の日」が上映され、同校児童と日浦中学校の生徒ら約80名が参加しました。同校では、11月15日に予定されている弁当の日に向けて、子どもたちも気持ちを高まっているようです。

概要

◆主催:松山市立日浦小学校
日時:2022年10月17日(月) 13時45分~15時30分  
◆会場 松山市立日浦小学校
参加者:82名
小学生1~6年42名、中学生1~3年21名、教職員19名

◆参加者の感想
お母さんがやってくれることは、すごく大変なんだなと思って、次に手伝えることがあれば笑顔で手伝おうと思いました。
「お弁当の日」に、お弁当を作るのは大変そうだなと思っていたけど、いろいろな人が頑張ってお弁当や料理を作っているのをみて、おいしいお弁当を頑張ってつくりたいなと思いました。
小学校から高校までやっていて、すごく「お弁当の日」は大切だなと思いました。自分が作る時に、おいしさだけでなく彩り、健康のことにも気を付けて最後まで作りたいです。
1年生なのにお味噌汁を自分で作っていてすごいなと思いました。お弁当の日が楽しみです。