ローソン、北海道限定で道東地区にゆかりのある6商品を発売 ニューノーマルに対応し、地域の食材を使ったご当地メニュー提供 画像1

ローソン 「とかちポロシリ和牛を使ったカレーライス」

 

presented by OVO [オーヴォ]話題の情報を発信するサイト

ローソン(東京都品川区)は、北海道の道東地区にゆかりのあるオリジナル商品6点を道内のローソン675店舗(2022年3月現在)で4月26日に発売した。ローソンが掲げる戦略コンセプト「地域密着×個客・個店主義」の取り組みの一環だとしている。

発売したのは、清水町で育てられた「とかちポロシリ和牛」を使用した「とかちポロシリ和牛を使ったカレーライス」(549円)、釧路ご当地グルメ「スパカツ」で知られる老舗洋食店「レストラン泉屋総本店」が監修した「レストラン泉屋総本店監修 スパカツ」(624円)、帯広名物の「豚丼」をイメージした「豚丼風おにぎり(道東産山わさび入り)」(192円)、十勝産小豆を使った粒あんと、バター、ホイップクリームを挟んだ「あんバターサンド~十勝産小豆使用~」(297円)、十勝産小豆の甘納豆を練り込んだ「十勝産小豆の甘納豆入りスティックパン 5本入」(150円)の5点と、店内調理サービス「まちかど厨房」を導入している約480店で販売する「大盛!ご当地帯広 豚丼」(667円)。

ローソンは、ニューノーマルの顧客ニーズに対応し、今後も地域の食材を使った商品やご当地ならではのメニューを再現した商品を開発し、発売する、としている。